相手を完全に交わさなくてもパスは通せる!バリエーション豊かなパスが出せる選手になろう!

トレーニング

今回は、相手を完全に交わさなくてもパスが通せるようになるトレーニングについて紹介していきます。

こちらのトレーニングでは、

  • 相手を交わさずにパスを通す。
  • ボール1個分ずらして相手を外す。
  • パスのバリエーション。

これら3つの技術・能力向上を目的としたトレーニングです。

2人で行うメニューであり、「少しずらしてパスを通せるようになりたい」「パスのバリエーションを増やしたい」という選手におすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

 

トレーニング

トレーニング

  • コーンを3つ用意して並べる。
  • 攻撃と守備の選手にわかれる。
  • 攻撃の選手は守備の選手を完全に交わさずに、ボールをコーンにパスして当てる。
  • 守備の選手はコーンに当てられないように守備をする。

【ルール】

  • 必ず相手を交わしきらずにパスを出す。
  • なるべく時間をかけずにプレーする。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下2つが挙げられます。

  • ボールを1個分ずらしてすぐパスを出す。
  • 相手の重心を意識する。

 

ボールを1個分ずらしてすぐパスを出す

まず、このトレーニングで意識してほしいことが、ボールを1個分ずらしてパスを出すことです。

フリーの状態でパスを出す時とは違い、相手が近くにいる状態で、相手の後方の選手にパスを出さなければいけません。

 

相手を完全に交わしてからパスを出すこともできますが、これでは相手を交わす時間と手間がかかってしまいます。

パスを通すためには、必ず相手を交わさなければいけないというわけではありません。

 

例えパスコースがなかったとしても、ボール1個分のスペースを自ら確保すればパスは通せます。

簡単なパターンとして、以下3つが挙げられます。

  • 左にボールをずらしてパス。
  • 右にボールをずらしてパス。
  • 相手の股の間を通してパス。

 

しかし、相手もずっと立っているわけではありません。

その中で相手の後方にパスを出すためには、相手の重心の逆をとり、素早くパスを出すことが重要です。

 

相手の重心を意識する

先程お伝えしたように、ボールをずらしてパスを通すためには、相手の重心を意識しましょう。

例えば、DFは重心の逆を取られるとその後の対応に一瞬遅れます。

そのため、自分が出したいパスの方向とは逆側に相手の重心をかけさせることで、よりパスを通しやすくなるのです。

 

右側にパスを出したいのであれば、1度左側にボールを運んで相手の重心を左側に持ってくる。

その瞬間に、右側へパスを出すことで相手の反応も一瞬遅れます。

このように、相手の重心を意識してプレーできれば、完全に交わさなくても相手の後方にいる選手へパスは通せます。

 

まとめ

今回は、相手を完全に交わさなくてもパスが通せるようになるトレーニングについてまとめました。

こちらのトレーニングでは、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • 相手を交わさずにパスを通す。
  • ボール1個分ずらして相手を外す。
  • パスのバリエーション。

そのためには、

  • ボールを1個分ずらしてすぐパスを出す。
  • 相手の重心を意識する。

これらを意識することで、ボール1個分ずらしてパスを通せる技術を習得できます。

「パスのバリエーションを増やしたい」という選手は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました