反射神経とシュートまでのスピード能力を飛躍的に高めるトレーニング!

トレーニング

今回は、反射神経とシュートまでのスピード能力を飛躍的に高めるトレーニングを紹介していきます。

こちらのトレーニングは、

  • ボールに対する素早い反射神経。
  • シュートまでのスピードと質の向上。
  • 0からトップスピードになるまでの速さ。

これら3つの技術・能力向上を目的としたトレーニングです。

3〜4人で行えるメニューであり、「ボールへの反射神経・反応を高めたい」「シュートまでのスピードと質を上げたい」という選手におすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

 

トレーニング

トレーニング

  • ペナルティエリアから少し離れた位置に、マーカーを2つ置く。
  • それぞれのマーカーに1人ずつ並ぶ。
  • 1人が真ん中でボールを持って準備。
  • マーカーに並ぶ選手は、ゴールに背を向けた状態でうつ伏せに寝る。
  • 真ん中の選手がボールを投げた瞬間に立ち上がり、素早くシュートまでいく。

【ルール】

  • 必ずボールが投げられてから動き出す。
  • 先にボールを触った選手がすぐシュート。
  • 先に触られた選手はDFにまわり、シュートを防ぐ。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • ボールがいつ投げられても反応できるように、常に準備する。
  • 相手よりも先にボールに触り、シュートを決める意思を強く持つ。
  • 最後のプレーが終わるまで、なるべくトップスピードの状態でプレーする。

 

ボールがいつ投げられても反応できるように、常に準備する

まず、このトレーニングで意識してほしいことが、相手よりも先にボールへ触るために、常にプレーする準備をしておくことです。

試合中でもそうですが、このトレーニングでもいつどのタイミングでボールが投げられるかわかりません。

 

もし気を抜いていたときにボールが投げられれば、それだけで決定的なチャンスを逃すことになります。

また、守備側であればその一瞬の気の緩みが、失点に繋がるでしょう。

そうならないためにも、常に動ける準備をして、ボールが投げられた瞬間にプレーできる集中力を高めていきましょう。

 

相手よりも先にボールに触り、シュートを決める意思を強く持つ

今回のトレーニングでは、ゴール付近でDFラインの裏にボールがこぼれたシーンを思い浮かべて行ってください。

ゴールを決めるためには、こぼれたボールを相手よりも早く触り、相手の守備が整わないうちに素早くシュートを打つ必要があります。

 

試合中にゴール前へボールがこぼれることは数える程度です。

その数少ないチャンスをいかに得点に繋げられるのか、これはサッカーで重要なことです。

 

「このボールは絶対に相手よりも先に触って、必ずゴールを決める」

この意思があるのかないのかだけで、ボールへの反応が大きく変わります。

 

最後のプレーが終わるまで、なるべくトップスピードの状態でプレーする

シュートチャンスは決して持続するものではありません。

1秒間シュートチャンスがあったとして、その1秒の間にシュートが打てなければ、DFからプレッシャーをかけられてしまいます。

スペースが少なくなった現代サッカーでは、より素早い判断力とそれを実行できる技術が必要です。

さらに、それらをトップスピードで行えることで高いレベルでもシュートを決められる選手へ成長できます。

 

今回のトレーニングでは、相手より先にボールに触っただけで満足してはいけません。

相手より先にボールを触ったら、次どんなプレーをするべきなのか、どうすれば素早くシュートまでいけるのかを常に考えながら行ってください。

 

まとめ

今回は、反射神経とシュートまでのスピード能力を飛躍的に高めるトレーニングについてまとめました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • ボールに対する素早い反射神経。
  • シュートまでのスピードと質の向上。
  • 0からトップスピードになるまでの速さ。

そのためには、

  • ボールがいつ投げられても反応できるように、常に準備する。
  • 相手よりも先にボールに触り、シュートを決める意思を強く持つ。
  • 最後のプレーが終わるまで、なるべくトップスピードの状態でプレーする。

これらを意識することで、ボールへの反応スピードを高められ、質の高いプレーが可能になります。

「ボールへ反応してからシュートまでのスピードを高めたい」という選手は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました