『〇〇でトラップ!』指定された箇所での「正確なトラップ」と指定した箇所に蹴る「正確なロングキック」をマスターしよう!

『〇〇でトラップ!』指定された箇所での「正確なトラップ」と指定した箇所に蹴る「正確なロングキック」をマスターしよう! トレーニング

今回は、正確なトラップとキック精度を高めるトレーニングを紹介します。

こちらのトレーニングでは、

  • 指定された箇所で正確なトラップ
  • 指定した箇所へ正確なロングキック

これらの技術・能力向上を目的としたメニューです。

「どの箇所でも正確なトラップができるようになりたい」「試合中でも正確に蹴れるロングキックを習得したい」という選手におすすめです!

それでは、トレーニング方法・ポイントを詳しく解説していきます。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • 2人1組になり、ボールを1つ用意
  • お互い離れた位置に立ち、1人が「〇〇(例えばインサイド)でトラップ!」と言い、ロングキックを蹴る
  • もう1人が指定された箇所でトラップ
  • これらを繰り返し行う

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • 指定した箇所にボールが届くように、ボールの軌道や高さを考えて蹴る
  • 指定された箇所でトラップできるように、飛んできたボールに合わせてポジショニングを修正する
  • ロングボールは鋭いボールを蹴る

 

指定した箇所にボールが届くように、ボールの軌道や高さを考えて蹴る

まず、ロングキックを蹴るときは、ただ遠くに飛ばすことだけを考えてはトレーニングの意味がありません。

指定した箇所へボールが正確に届くように、ボールの軌道や高さを考える必要があります。

 

例えば、「インサイドでトラップ!」と指定したときに、届いたボールの高さが胸の位置だった場合、トラップする選手はインサイドトラップが非常に難しいです。

そのため、ボールを届ける位置を見極め、どの位置にボールを落とせばインサイドでトラップしやすいのか、そのためにはどれくらいの強さでボールを蹴るべきなのかを考えるようにしてください。

試合中でも同じように、ただ蹴るだけでなくどんなロングキックを蹴れば味方がプレーしやすいのかを考えると、ロングキックの精度も上がっていきます!

 

指定された箇所でトラップできるように、飛んできたボールに合わせてポジショニングを修正する

ロングボールをトラップする選手は、決してその場に止まった状態でトラップしないようにしてください

例えば、「インサイドでトラップ!」と指定されても、必ずしもピンポイントでボールが届くとは限りません。

そのときのボールの軌道に合わせて、ポジショニングを微調整することで指定された箇所でトラップがしやすくなります。

 

試合中でも常にポジショニングを微調整することは大事で、その場に止まった状態でトラップするとつぎのプレーがスムーズにできません

しかし、ポジショニングを微調整しながら少しでも良い形でトラップすることで、その後のプレーもスムーズに行えます

 

トラップはただ足元に正確に止められれば良いというわけではありません

トラップした後のプレーをスムーズかつ正確に行えるように、状況に合わせたトラップができることか重要です。

 

ロングキックは鋭いボールを蹴る

ロングキックを蹴るときは、高さのあるふんわりしたボールではなく、鋭くライナー性のボールを蹴るようにしてください。

例えば試合中に左サイドから右サイドへサイドチェンジをするとき、高さのあるふんわりしたボールを蹴ると滞空時間が長くなり、相手が横にスライドできる時間を作ってしまいます

 

一方で、ライナー性の鋭く速いボールを蹴ることで、ボール到達時間が短くなり、相手が横にスライドする前に選手の元へボールが届きます。

ということはボールを受けた選手が相手のいないフリーな状態でプレーでき、決定的なチャンスを作り出すことも可能になるということです!

トレーニング中もロングキックを蹴るときは、いかに試合中を意識して1本1本正確に蹴れるかで、技術向上も大きく変わってくるでしょう。

 

関連記事:【親子で簡単にできる】ボールを蹴る能力を高める基礎トレーニングをご紹介!

まとめ

今回は、正確なトラップとキック精度を高めるトレーニングについて紹介しました。

このトレーニングを行うことで、以下2つの技術・能力向上が期待できます。

  • 指定された箇所で正確なトラップ
  • 指定した箇所へ正確なロングキック

そのためには、

  • 指定した箇所にボールが届くように、ボールの軌道や高さを考えて蹴る
  • 指定された箇所でトラップできるように、飛んできたボールに合わせてポジショニングを修正する
  • ロングボールは鋭いボールを蹴る

上記3つを意識することで、試合中でも活かせる正確なトラップとロングキック技術が身につきます。

ぜひ、参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました