【1対1】ゴールに背を向けた状態から相手の逆をとりシュートを決めよう!

【1対1】ゴールに背を向けた状態から相手の逆をとりシュートを決めよう! トレーニング

今回は、ゴールに背を向けた状態からの1対1で、相手の逆をとりシュートを決めるトレーニングをご紹介します。

こちらのトレーニングでは、

  • 相手を背負った状態でのキープ力
  • 相手を背負った状態で逆をとる
  • 逆をとり相手を交わしたあとの素早いシュート

これらの技術・能力向上を目的としたメニューです。

「相手を背負った状態から交わせる選手になりたい」「ゴール前で違いが作れるようになりたい」という選手におすすめです!

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説します。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • ペナルティエリアラインの中央にボールを置いて、1人パス出しする選手が立つ。
  • パス出しする選手の左右に1人ずつ立つ。
  • パスを出す選手はゴールと逆側にボールを出す。
  • ボールが出た瞬間に左右の選手がスタートし、先にボールをキープした方が攻撃、もう1人が守備。
  • 背負った状態でキープし、相手の逆をとって前を向き、シュートを決める。
  • 攻撃側がシュート、もしくは守備側がボールを奪ったら終了。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • 相手よりも素早く反応してボールをキープする
  • 相手の逆をとるためにボディフェイントをうまく活用する
  • ゴール前を意識して、時間をかけずに前を向く

 

相手よりも素早く反応してボールをキープする

このトレーニングではボールを先にキープした方が攻撃となるので、相手よりも先に反応してボールをキープすることが大切です。

試合中でもこぼれ球を拾うシーンはよくありますが、このこぼれ球をいかに相手よりも素早く拾えるかで試合展開も大きく変わります

とくに、ゴール前ではボールがこぼれやすく、先に拾えればシュートチャンスが大きく広がるのでしょう。

ゴールを決めるために相手よりも先にボールをキープする強い意識をもって行ってください。

 

相手の逆をとるためにボディフェイントをうまく活用する

相手を背負った状態で前を向くためには、相手の逆をとる必要があります。

そこで是非活用してほしいのが、ボディフェイントです。

ボディフェイントとは足先だけでなく、体をうまく使ったフェイントで、うまく活用すれば相手の重心を簡単に外せる技術。

 

例えば、背負った状態で左側にボディフェイントをして重心をかけたとしましょう。

すると、守備側も左側に抜いてくると思い、同じように重心をかけてきます。

このときに、素早く逆の右側へ抜くことで、重心がずれている守備選手は簡単には対応できません。

ボディフェイントはシンプルな技ではあるものの、相手の重心を簡単にずらせるフェイントです。

 

関連記事:体が小さくてもキープ力は高められる!距離感や腕の使い方をマスターしよう!

ゴール前を意識して、時間をかけずに前を向く

あくまでこのトレーニングではゴール前を意識しているので、『ボールキープ→ターン→シュート』この一連の流れをできるだけ時間をかけずに行いましょう

ゴール前はとくにスペースがなく、それだけ相手選手も多いです。

そんな中で時間をかけてしまうと、複数人に囲まれてボールを奪われてしまいます。

ゴール前では一瞬のスピード・判断が重要です。

 

まとめ

今回は、ゴールに背を向けた状態からの1対1で、相手の逆をとりシュートを決めるトレーニングについてまとめました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • 相手を背負った状態でのキープ力
  • 相手を背負った状態で逆をとる
  • 逆をとり相手を交わしたあとの素早いシュート

そのためには、

  • 相手よりも素早く反応してボールをキープする
  • 相手の逆をとるためにボディフェイントをうまく活用する
  • ゴール前を意識して、時間をかけずに前を向く

上記3つを意識することで、ゴール前で背負った状態から違いを生み出せる選手へ成長できます。

ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました