3対1の「とりかご」で判断力とポジショニング能力を飛躍的に向上させよう!

トレーニング

チーム練習の中で、3対1や4対1のとりかごを取り入れる指導者の方も多いかと思います。

とりかごはボールコントロールパス技術を高められるトレーニングですが、とくに意識してほしいことが、「判断力」「ポジショニング」です。

DFの動きを見極め、どちらの方向へパスを出せば良いのか、パスを出したあとどう動けばよいのかなど瞬時に判断しなければいけません。

スムーズにパスを回すためには、1人1人が的確な位置・タイミングでボールを引き出せるように、ポジショニングを修正する必要があります。

そして、これらの能力は試合中でも不可欠なものであり、チーム全体が素早い判断と的確なポジショニングを意識することが大事です。

そこで今回は、3対1のとりかごトレーニング方法やポイント、なぜ判断力とポジショニングが重要なのかについて詳しく紹介していきます。

 

3対1のとりかごトレーニング方法

3対1のとりかごトレーニング方法

  • マーカーで正方形を作る。
  • 攻撃側の3人はマーカーのラインに沿ってポジショニングをとる。
  • 守備側の1人はマーカーの中でDF。
  • ルールは「ワンタッチのみ」「ツータッチアンダー」など決めて行う。
  • DFはボールを完全に奪ったら、奪われた選手と交代。
  • これらを時間で区切って行い、最後にDFだった選手は罰ゲーム。(もも上げや腕立て伏せなど)
  • もしくは、何本パスを繋いだら罰ゲームでもよい。

 

とりかごで判断力とポジショニングの能力を向上させるポイント

3対1のとりかごトレーニングのポイントは、

  • 素早い判断力
  • 的確なポジショニング

この2つが挙げられます。

 

狭いエリアの中でDFにボールを奪われずにパスを回すためには、1人1人がどんなプレーをするべきなのか素早く判断しなければいけません。

DFの動きやその後の展開を予測し、最適な判断をするためには常に頭を働かせることが重要です。

 

「DFはどっちの方向に誘導しようとしているのか」

「パスを出したあとどんな動きをして、再びボールを受けるべきなのか」

 

このように、状況が変化し続ける中で常に新しい情報を頭に入れることが重要です。

また、四角形のコートで3対1でボールを回すためには、その場にとどまるだけではいけません。

パスを出したあとあえて近くに寄って距離感を縮めたり、距離をとってDFのプレスを回避したり、ちょっとしたポジショニングを修正するだけでその後の展開は大きく変化します。

とりかごで判断力とポジショニングの能力を向上させるポイント

とりかごで判断力とポジショニングの能力を向上させるポイント

とくに「ワンタッチのみ」や「ツータッチアンダー」のルールを設けた場合、パスを出したあと素早く動き直さなければパスは回りません。

3対1のとりかごトレーニングでは、素早い判断力と的確なポジショニングを意識して取り組んでください。

 

判断力とポジショニングを高めるべき理由とは

サッカーをプレーする中で、なぜ判断力とポジショニング能力を高めなければいけないのでしょうか。

 

「判断を早くプレーしろ」

「的確なポジショニングをとれ」

 

指導者からこのような指示をされたことがある選手も、多いのではないでしょうか。

しかし、「なぜ判断力が大事なのか」「的確なポジショニングってなに?」と思う選手もいるかもしれません。

 

サッカーの試合中では、めまぐるしく状況が変化します。

ボールを受ける前は近くにDFがいなかったのに、ボールを受けた瞬間にDFからプレッシャーをかけられることはよくあります。

このように、サッカーではほんの数秒間の間にその場の状況が変わってしまうのです。

 

そうした変化の中でプレーするためにはなにが大事なのか、それが素早い判断力になります。

例えば、ゴール前でフリーの状態でボールを受けたとき、まず考えることはシュートです。

ワントラップしてツータッチ目でシュートすることがその場の最適なプレーだったとしましょう。

判断力とポジショニングを高めるべき理由とは

しかし、ツータッチ目でシュートできず、タイミングを逃してしまえばDFにプレスをかけられてしまいます。

判断力とポジショニングを高めるべき理由とは

このように、今どんなプレーをするべきなのか判断し、ただ判断するだけでなく一瞬で判断することが重要です。

 

一方で、ポジショニングでは

  • スペースがない中でどれだけよい状況でボールを受けられるのか。
  • 味方がプレーしやすくなるためには、どの位置にポジショニングを修正すればよいのか。

これらを考えなければいけません。

 

先程もお伝えしたように、サッカーは常に周りの状況が変化します。

その中でできるだけよい状況でボールを受けるためには、最適な位置に最適なタイミングで動かなければいけません。

 

例えば、MFがCBからボールを受けようしたとき、相手FWの後ろに隠れていてはボールは受けられません。

 

 

相手FWから少しずれることで、ボールを受けられます。

判断力とポジショニングを高めるべき理由とは

このように、ポジショニングは1歩、2歩の修正が大事です。

 

サッカーは技術が高ければプレーできるというスポーツではありません。

常に頭を働かせ、どんなプレーをするべきなのか、どこでボールを受けるべきなのかを考えながらプレーすることが重要です。

 

まとめ

今回は、3対1のとりかごトレーニング方法やポイント、なぜ判断力とポジショニングが重要なのかについてまとめました。

3対1のとりかごトレーニングは多くのチームが取り入れているメニューであり、ボールコントロールだけでなく、判断力やポジショニング能力も習得できます。

サッカーでは常には頭を働かせてプレーしなければいけません。

正確なプレーをするためには、素早い判断力と的確なポジショニング能力が大事になります。

チーム全体の判断力とポジショニング能力を高めるために、ぜひとりかごを普段のメニューに取り入れてください。

タイトルとURLをコピーしました