【ストライカーになりたい選手必見!】反転からシュートまでのスピードを極めよう!

トレーニング

今回は、ストライカー必見の反転からシュートまでのスピードを極めるトレーニングについて紹介していきます。

こちらのトレーニングでは、

  • 反転のスピード・ボールへの素早い反応。
  • スピードに乗った状態でのボールコントロール技術。
  • スピードに乗った状態からのシュート技術。

この3つの技術・能力向上を目的としたメニューです。

1人から行えるメニューであり、「チームのストライカーになりたい」「スピードに乗った状態からの反転・コントロール・シュート技術を高めたい」という選手におすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

 

トレーニング

トレーニング

  • ペナルティエリアから5〜8m離れた位置にボールを手で持って立つ。
  • 自分の後ろに向かってボールを高く上げて投げる。
  • ボールがバウンドした音が聞こえた瞬間に素早く反転。
  • スピードに乗った状態でボールをコントロールし、そのままシュート。

【ルール】

  • 反転する方向は左右交互に行う。
    必ずボールがバウンドしてから動き出す。
  • トラップをするときにスピードを落とさず、そのボールに合わせたトラップを行う。
  • シュートまでをできるだけ早く行う。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • 意識を集中してボールへの反応・反転のスピードを高める。
  • トラップはスピードを落とさずに、ボールに合わせたトラップをする。
  • ボールへ反応してからシュートまでの時間をできるだけ早く行う。

 

意識を集中してボールへの反応・反転のスピードを高める

まず、意識してほしいことがボールへの反応スピードを高めることです。

ストライカーはボールがどこに飛んでくるのか、どこにこぼれてくるのかを素早く把握し、いち早く反応しなければいけません。

そのためには、常に意識を集中させ、チャンスを狙い続ける必要があります。

 

さらに、意識を集中させるだけではなく、動き出しのスピード・反転のスピードを高めなければいけません。

いくら意識を集中させボールへの反応が早かったとしても、そのときの動作が遅ければ相手にボールを奪われてしまいます。

 

体の動作・反転のスピードを高めるためには、足の面を全て地面につけず、かかとを少し浮かせて爪先立ちの状態で準備しましょう。

そうすることで、ボールが飛んできたときにいち早く反応でき、素早く反転できます。

 

トラップをするときにスピードを落とさない

ボールへの反応・反転のスピードが早かったとしても、肝心のボールコントロールをミスしてしまえばシュートまではいけません。

ボールへ反応してからシュートまでのスピードを高めるためには、トラップをどれだけ正確に行えるのかが重要になります。

意識してほしい点は、必ずスピードを落とさずにボールに合わせたトラップをすることです。

 

例えば、最初からトラップを足で行おうと考えてしまうと、ボールが高い位置にあったときに、わざわざスピードを緩めて足の位置に落ちてきてからトラップしようとしてしまいます。

たしかに足でトラップしたほうがボールをゴロにしやすいですが、そのためにスピードを緩めてしまうと相手もゴール前に戻ってきてしまいます。

そのため、ボールに高さがあるのなら、そのままのスピードで頭でコントロールし、ツータッチ目にはシュートをするくらいのスピードを意識して行いましょう。

 

シュートまでをできるだけ早く行う

全体を通して、ボールへ反応してからシュートまでの動作をできるだけ早く行うように心がけてください。

とくにゴール前では、一瞬のスピードの差が勝敗を分けます。

 

ストライカーになるためには、誰よりも素早くボールに反応し、正確にコントロールしてシュートまで素早く正確に行える技術がなければいけません。

スピードというのは単純な足の速さというよりも、ボールへの反応・1つ1つの動作スピード、そして無駄なプレーをせずにシンプルにシュートまで持っていくスピードです。

 

言葉では簡単ですが、「ダッシュ→トラップ→シュート」この3つの動きをより素早く、より正確に行うことは難しいです。

そこで、今回紹介したトレーニングを意識して行うことで、誰よりも早く動け、得点を決められるストライカーへ成長できます。

 

まとめ

今回は、ストライカー必見の反転からシュートまでのスピードを極めるトレーニング方法・ポイントについてまとめました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • 反転のスピード・ボールへの素早い反応。
  • スピードに乗った状態でのボールコントロール技術。
  • スピードに乗った状態からのシュート技術。

そのためには、

  • 意識を集中してボールへの反応・反転のスピードを高める。
  • トラップはスピードを落とさずに、ボールに合わせたトラップをする。
  • ボールへ反応してからシュートまでの時間をできるだけ早く行う。

これらを意識することで、ボールへの反応・反転スピード・トラップからシュートまでのスピードと正確さを向上できます。

「チームで頼りになるストライカーになりたい」という選手は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました