一連の動作をスムーズに行おう!ステップ・パス&ゴーからのシュートトレーニング!

トレーニング

今回は、ステップ・パス&ゴーからのシュートトレーニングを紹介していきます。

こちらのトレーニングでは、

  • 細かいステップワーク。
  • 体を自在に動かす。
  • パス&ゴーからシュート。

これら3つの技術・能力向上を目的としたトレーニングです。

個人もしくはチームで行うメニューであり、「常に動きながらプレーする感覚を身につけたい」「自在に体を動かし、シュートまでスムーズに行いたい」という選手におすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて解説していきます。

 

トレーニング

トレーニング

  • マーカーを6つ用意して、1m間隔をあけて縦に並べる。
  • スタート位置にボールを持って1人、マーカーのゴール地点から少し離れた位置に1人立つ。
  • スタート位置の選手は、ボールをマーカーのゴール地点付近目掛けて蹴る。
  • 蹴った後すぐマーカーの間をステップしていく。
  • マーカーのゴール地点にきたら、離れた位置に立つ選手へパス。その後左右どちらかでリターンパスをもらう動きをする。
  • パスを受けた選手は動き出した選手の要求した方向に合わせて、ワンタッチでシュートが打てるパスを出す。
  • パスが出されたら、ワンタッチでシュート。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • ボールを正確に蹴り、素早いステップを心がける。
  • パスを出した後、必ずどの位置でパスがほしいのか要求する。
  • ステップ〜シュートまでの一連の動作をスムーズに行う。

 

ボールを正確に蹴り、素早いステップを心がける

まず、このトレーニングはステップから始まります。

ステップをする際、スタート地点からゴール地点へ目掛けてボールを蹴りますが、この蹴る強弱を正確に行わないとステップした後スムーズにパスが行えません。

意外と見落としがちなところですが、このボールを蹴る強弱を正確に行えることで、パス精度キック精度向上にもつながります。

 

また、ステップは正確かつ素早く行うように意識してください。

こうしたステップトレーニングは、俊敏性や敏捷性を高めるだけでなく、自分の体を自在に扱える能力向上にもつながります。

 

関連記事:自分の体を自在に扱い、相手の逆をとれる選手になれるトレーニング方法!

パスを出した後、必ずどの位置でパスがほしいのか要求する

ステップを行い、離れた位置の選手へパスを出した後、どの位置でパスがほしいのか必ず要求しましょう。

例えば、右足でシュートを打ちたいなら「右!」と要求し、左足でシュートを打ちたいなら「左!」と声をかけることで、パスを出す選手はどの位置でパスを貰いたいのか理解できます。

 

サッカーでは、自分がどんなプレーをしたいのか、そのためにどこでパスを受けたいのかを要求することは大切です。

そのため、今回のトレーニングでも必ず要求しながらパスを受けるようにしましょう。

 

ステップ〜シュートまでの一連の動作をスムーズに行う

このトレーニングでは、ステップ・パス&ゴー・シュートと3つの動作が合わさっています。

それら一連の動作をより正確に、スムーズに行えるように心がけてください。

 

3つの動作をそれぞれ区切って行うのではなく、ステップ〜シュートまでの一連の動作を1つの動作と考えてプレーしましょう。

サッカーでは、シュート・ドリブル・パス・ランと多くの動きが必要ですが、どのプレーを選択する場合でも、一連の動作をスムーズに行えることが大切です。

 

まとめ

今回は、ステップ・パス&ゴーからのシュートトレーニングについてまとめました。

このトレーニングでは、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • 細かいステップワーク。
  • 体を自在に動かす。
  • パス&ゴーからシュート。

そのためには、

  • ボールを正確に蹴り、素早いステップを心がける。
  • パスを出した後、必ずどの位置でパスがほしいのか要求する。
  • ステップ〜シュートまでの一連の動作をスムーズに行う。

これらを意識することで、ステップ〜シュートまでの一連の動作をスムーズに行える選手へ成長できます。

「自分の体を自在に扱えるようになりたい」という選手は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました