体が小さくてもキープ力は高められる!距離感や腕の使い方をマスターしよう!

トレーニング

今回は、体が小さくてもキープ力を高められるトレーニングについて紹介していきます。

こちらのトレーニングでは、

  • キープ力を高める体の使い方。
  • キープ力を高める腕の使い方。
  • プレーエリアの確保。

この3つの技術・能力向上を目的としたメニューです。

1対1もしくは1対2で行うメニューであり、「体が小さくて当たり負けしてしまう」「ボールを奪われないキープ力を高めたい」という選手におすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく紹介していきます。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • 攻撃1人、守備1人(もしくは2人)にわかれる。
  • ボールを1つ用意して準備。
  • 相手を背負った状態からスタート。
  • ボールをコントロールしながら、なるべくその場から動かないようにキープする。

【ルール】

  • 30秒間プレーを続け、ボールを奪われた回数を覚えておく。
  • 攻守両方行い、よりボールを奪われた選手が罰ゲーム(ダッシュや腕立て、もも上げなど)
  • 必ずボールを足元でコントロールしながら行う。
  • 必ず腕で相手をブロックして、守備選手とボールの距離を遠ざける。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • 守備選手とボールとの距離を遠ざける。
  • 腕でブロック・ボールの置きどころ。
  • ブロックしながらも足元でボールをコントロール。

 

守備の選手とボールとの距離を遠ざける

まず、ボールキープ力を高めるポイントは、守備選手とボールとの距離を遠ざけることです。

よくキープ力を高めるためには「フィジカルが大事」と思う方もいますが、実際はそれほど重要ではありません。

 

もちろんチャージされても倒れないボディバランスや、下半身の強さなどは必要です。

しかし、いくらフィジカルが強くてもボールコントロールが雑であれば簡単にボールを奪われてしまいます。

ボールキープ力を高めるためには、正確なボールコントロール技術を習得し、守備選手とボールとの距離を遠ざけるプレーを学ぶ必要があるのです。

 

腕でブロック・ボールの置きどころ

では、具体的に守備選手とボールとの距離を遠ざけるためには、

  • 腕でブロックすること。
  • ボールの置きどころ。

この2つが大事になります。

 

まず、ボールキープをするときに守備選手とボールとの間に体を入れることが重要です。

体を入れることで相手の動きをブロックでき、なおかつボールを相手の目線から隠せるメリットもあります。

 

しかし、ただ体を入れるだけでは、守備選手とボールとの距離感は近いです。

距離が近ければ足を出されたときに、ボールに触れられてしまう可能性が高くなります。

 

さらに距離感を遠ざけるためには、守備選手とボールの間に体を入れつつ、腕で相手をブロックすることが重要です。

腕でブロックすることで、距離感を遠ざけるだけでなく、より相手の存在を感じられます。

相手の存在を感じられれば、左右どちらに動いたのかを瞬時に判断でき、その逆をつくプレーが可能になります。

守備相手とボールの距離が遠くなれば、それだけ自分のプレーエリアが広がり、より自由にプレーできるようになるでしょう。

 

ブロックしながらも足元でボールをコントロール

先程、腕で相手をブロックすることで、距離感が生まれプレーエリアを確保できるとお伝えしました。

しかし、たとえプレーエリアを確保できたとしても、同時にボールコントロールができなければ意味がありません。

試合中、相手は1人ではなく11人います。

 

たとえ1人をブロックできたとしても、ほかの選手がプレッシャーをかけてきてボールを奪われてしまう可能性もあるのです。

そうならないためにも、相手をブロックしながらもしっかりと足元にボールを置いて、ほかの選手がプレッシャーをかけてきても素早く対応できる準備をしなければいけません。

腕で相手をブロックし、プレーエリアを確保したあとどんなプレーができるのか、そこが重要になります。

 

まとめ

今回は、体が小さくてもボールキープ力を高められるトレーニング方法・ポイントについてまとめました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • キープ力を高める体の使い方。
  • キープ力を高める腕の使い方。
  • プレーエリアの確保。

そのためには、

  • 守備の選手とボールとの距離を遠ざける。
  • 腕でブロック・ボールの置きどころ。
  • ブロックしながらも足元でボールをコントロール。

これらを意識することで、たとえ体が小さくても、フィジカル能力が低くてもボールキープ力が高い選手へ成長できます。

「ボールキープ力を高めたい」という選手は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました