スピードがなくても緩急のドリブルを習得すれば相手を交わせる選手になれる!

トレーニング

今回は、スピードがなくてもドリブルで相手を交わせるようになるトレーニングについて紹介していきます。

こちらのトレーニングでは、

  • 緩→急の変化を加えたドリブル。
  • 急→緩の変化を加えたドリブル。
  • テクニック向上。

この3つの技術向上を目的としたメニューです。

個人で行えるメニューであり、「スピードがないからドリブルで相手を交わせない」「緩急のドリブルを身につけたい」という選手におすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • マーカーを4つ1m間隔をあけて並べる。
  • そこから6mほど離れた位置に、同じくマーカを4つ1m間隔をあけて並べる。
  • ボールを1つ用意して準備。
  • 最初の4つのマーカーをドリブルで交わす。
  • そこから一気にスピードを上げ、つぎの4つのマーカーまでドリブルする。
  • 4つのマーカーをドリブルで交わす。

【ルール】

  • 4つのマーカーをドリブルで交わすときは、狭いエリアでのドリブルを意識して、細かいボールタッチで行う。
  • 一気にスピードを上げるときは、前にスペースがあると考えてドリブルする。
  • 緩急を意識して、とくにスピードを上げるときは全力でドリブルする。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • 狭いスペースで行う細かいボールタッチ。
  • 一気にスピードを上げるときの、足元からボールを離したドリブル。
  • 急→緩に変化するときの歩幅の変化。

 

狭いスペースで行う細かいボールタッチ

まず、このトレーニングでは1m間隔があいたコーンゾーンと、6m間隔があいたスペースゾーンがあります。

そこで意識してほしいことが、コーンゾーンでは細かいボールタッチでドリブルすることです。

 

イメージとしては、試合中スペースがない状況で局面を打開する場面。

狭いスペースでドリブルするためには、足元からボールを離さずにドリブルする必要があります。

 

狭いエリアでのドリブル技術を習得するトレーニングは、こちらの記事で解説しています。

関連記事:狭いスペースでもボールを失わずにドリブルできる技術を向上させよう!

 

具体的に細かいボールタッチとは、世界最高のサッカー選手であるリオネル・メッシ選手が得意とする2触1歩のドリブルを意識して行いましょう。

2歩1触のドリブルトレーニングについては、こちらの記事で解説しています。

関連記事:【2歩1触ドリブル】メッシのように細かくキレのあるドリブルを習得しよう!

 

一気にスピードを上げるときの足元からボールを離したドリブル

一方で、スペースゾーンは前にスペースがある場面をイメージして行います。

この場合、狭いスペースでのドリブルとは違い、よりスピードを上げることで攻撃のスピードが上がります。

 

スピードを上げるためには、細かいボールタッチのドリブルよりも、ある程度足元からボールを離したドリブルをするとよいです。

コーンゾーンでのドリブルを「緩」とするならば、スペースゾーンは「急」です。

この緩→急のスピードの変化を意識することで、たとえスピードがない選手でも、相手を交わせるドリブルが習得できます。

 

しかし、注意点として足元からボールが離れているということは、それだけスキがあるということです。

周りの状況を把握せずに足元からボールを離したドリブルを行ってしまうと、簡単にボールを奪われてしまいます。

足元からボールを離したドリブルを行うときは、必ずスペースがどれだけあり、相手はどんな状況なのかを見極めて行うようにしましょう。

 

急→緩に変化するときの歩幅の変化

スペースゾーンのあとには、さらにコーンゾーンがあります。

そのため、今度は逆に急→緩の変化を意識しなければいけません。

 

トップスピードから一気にスピードを止めることは意外と難しいです。

自分の体を自在に扱え、スピードの変化に対応できる能力がなければ、体勢を崩してしまいます。

 

コツとしては、トップスピードからスピードを緩めるときに、歩幅を細かく変化させることです。

大股のままスピードを止めようするのは難しいですが、歩幅を小股に切り替えて細かくステップを踏むことで、スピードは止められます。

 

しかし、歩幅ばかり意識していては、肝心のボールタッチが雑になりがちです。

必ず、歩幅の変化とボールタッチの変化を同時に意識して行いましょう。

 

まとめ

スピードがなくても緩急のドリブルで相手を交わせるようになるトレーニング方法・ポイントについてまとめました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの能力向上が期待できます。

  • 緩→急の変化を加えたドリブル。
  • 急→緩の変化を加えたドリブル。
  • テクニック向上。

そのためには、

  • 狭いスペースで行う細かいボールタッチ。
  • 一気にスピードを上げるときの、足元からボールを離したドリブル。
  • 急→緩に変化するときの歩幅の変化。

これらを意識することで、スピードがなくてもドリブルで相手を交わせる選手へ成長できます。

「緩急のドリブルを習得したい」という選手は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました