【3対3】チーム全体で「シュートを打つ」意識を高めるトレーニング!

トレーニング

今回は、狭いコートで常にシュートを意識させる3対3のトレーニングについて紹介していきます。

こちらのトレーニングでは、

  • ボールを持ったらまずゴールを狙う意識。
  • シュートを意識したプレー。
  • 切り替えの速さ。

これら3つの技術・能力向上を目的としたトレーニングです。

チームで行うメニューであり、「選手全員にシュートを打つ意識を持たせたい」「攻守の切り替えを速くしたい」というチームにおすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて解説していきます。

 

トレーニング

トレーニング

※コーンの位置にゴールを置いて行ってください。

  • ペナルティエリアの少し離れた位置にゴールを1つ用意。
  • ペナルティエリアの外ラインより少し内側にマーカーを置き、小さいコートを作る。
  • コート内で3対3+GKで対決。
  • ゴールが決まったら決められたチームのGKから攻撃スタート。
  • 外にボールが出たら、ボールを出していないチームのGKから攻撃スタート。
  • 先に3点決めた方が勝利。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • ボールを持ったらまずゴールを意識する。
  • 積極的にシュートを狙う。
  • 攻守の切り替えを速くする。

 

ボールを持ったらまずゴールを狙う

まず、このトレーニングで1番意識してほしいことが、ボールを持ったらまずゴールを狙うことです。

このトレーニングではコートが狭く、お互いのゴールの距離が近いため、積極的にゴールを狙っていく必要があります。

 

常に「ゴール前でボールを受けた」と意識してプレーすることで、自然とシュート意識が高まるでしょう。

サッカーの本質は、「どちらのチームがより多くの得点を決められるのか」です。

 

もちろん、ゴールまでの過程を考えることも重要なのですが、そこばかりを意識しすぎて肝心のシュート意識が低いとゴールを奪えません。

そのため、このトレーニングを行いチーム全体でボールを持ったらまずゴールを狙う意識を高めていきましょう。

 

積極的にシュートを狙う

先程お伝えしたポイントと似ているのですが、選手1人1人が積極的にシュートを狙っていきましょう。

いくらゴールを狙う意識が高かったとしても、肝心のシュートが打てなければ意味がありません。

 

シュートはゴール前でしか打ってはいけないというわけではありません。

自陣でボールを持ったとしても、ゴールが空いているのであればシュートを狙うことが重要です。

 

このトレーニングでは、ゴールまでの距離が短いため、どこからでもシュートを狙いやすいです。

ゴールを意識してシュートが打てるのであれば、迷わずシュートを打っていきましょう。

 

攻守の切り替えを速くする

このトレーニングは、ただシュートを打ち続ければ良いというわけではありません。

先に3点決めた方が勝利であり、必ず攻守が切り替わる瞬間が存在します。

 

シュートを決めるためには守→攻の切り替え、シュートを防ぐためには攻→守の切り替えを意識しなければいけません。

サッカーではボールを奪ったら終わりではなく、そのあとすぐ攻撃を展開していきます。

ボールを奪われたら終わりではなく、すぐにボールを奪い返し、再びゴールを目指し攻撃することで勝利を掴めます。

このように、攻守の切り替えはサッカーにおいて重要な局面であり、このトレーニングではお互いのゴールが近いからこそ、いつも以上に切り替えを意識して行う必要があるでしょう。

 

関連記事:【チーム練習】素早い攻守の切り替えはゲームの流れを変える!

まとめ

今回は、狭いコートで常にシュートを意識させる3対3のトレーニングについてまとめました。

こちらのトレーニングでは、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • ボールを持ったらまずゴールを見る意識。
  • シュートを意識したプレー。
  • 切り替えの速さ。

そのためには、

  • ボールを持ったらまずゴールを意識する。
  • 積極的にシュートを狙う。
  • 攻守の切り替えを速くする。

これらを意識することで、常にゴールを目指しプレーできる怖い選手へ成長できます。

「チーム全体でシュート意識を高めたい」というチームは、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました