「パスを出したら動き出す!」3人組パス&ゴーで連動性を身につけよう

「パスを出したら動き出す!」3人組パス&ゴーで連動性を身につけよう トレーニング

今回は、パスを出してすぐに動き出す連動性を習得できるトレーニングについて紹介します。

こちらのトレーニングでは、

  • パスを出したら動き出す(止まらない)
  • 味方との連携
  • ワンタッチパスの技術向上

この3つの技術・能力向上を目的としたメニューです。

3人組で行うメニューであり、「パスを出したらすぐ止まってしまう癖がある」「ワンタッチパスの技術を高めたい」という選手におすすめです。

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • コーンを2つ用意して、程よく間隔を空けて置く。
  • 1人と2人に分かれて、2人のうち1人がボールを持つ。
  • 逆のコーンにいる1人が、コーンの左右どちらかに動き出す。
  • 動き出した方向にボールを持っている選手がパスを出して、すぐにボールを受けに行く。
  • ボールを受けた選手はワンタッチでパスを返して、逆方向へ動き直す。
  • パスを受けた選手はもう1度パスを返す。
  • 逆コーンにいる選手は左右どちらかに動き出し、パスをもらう。
  • これらを繰り返し行う。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • パスを出したら終わりではなく、つぎのプレーを続けて行う
  • 味方の状況を把握し適した動きをする
  • ボールの当て方、足の被せ方で強弱をうまくコントロールする

 

パスを出したら終わりではなく、つぎのプレーを続けて行う

まずサッカーで大事なことが、パスを出したら止まらずに動き直すことです。

「パスを出したら自分のプレーは終わり」ではありません。

 

パスを出したら味方のサポート、おとりになる動き、3人目の飛び出し、試合中にできることは数多くあります。

近年ではとくに、選手1人1人に質の高いオフザボールの動きが求められており、動けない選手は試合に使ってもらえません。

そのため、まずは基本でもあるパス&ゴーを意識して取り組むと、試合中でも止まることなくスムーズにつぎの動きができるようになります。

 

味方の状況を把握し適した動きをする

サッカーは個人の能力が大事ですし、局面だけみれば1対1の場面が多いです。

しかし、個人の能力と同じように、味方との連携能力もプレーするにあたり必ず必要になります。

 

個人能力は1人でも高められますが、連携能力は相手がいなければ上達しません。

パス&ゴーは一見地味なトレーニングですが、1つ1つのプレーを意識高く行えば、味方との連携能力は向上します。

 

  • 見方が左右どちらの方向でボールを欲しがっているのか
  • 右足と左足どっちに出せばプレーしやすいのか
  • どこに動き直せば味方がリターンパスを出しやすくなるのか

このように、試合で味方との連携で崩していくためには、練習中からさまざまな状況、パターンを意識して行うことが重要

その中で、プレーの精度・スピードを高めていく必要があります。

 

関連記事:自分の体を自在に扱い、相手の逆をとれる選手になれるトレーニング方法!

 

ボールの当て方、足の被せ方で強弱をうまくコントロールする

今回のパス&ゴーは、すべてワンタッチで行います。

3人なのでパスを出した後素早く動き直し、正確なパスを返さなければいけません。

 

「ワンタッチこそ最高の技術」

ワンタッチプレーはプレーのスピード・展開を大きく変えられる技術ですが、それだけコントロールが難しくなります。

 

ワンタッチの技術を高めるには、パス&ゴーのような動きながら正確なプレーが求められるメニューで行うと、より精度が高まるでしょう。

ボールの当て方、足の被せ方で強弱をうまくコントロールする感覚を覚えると、ワンタッチでも上手くパスが出せるようになります。

 

関連記事:ワンタッチパスとツータッチパスを織り交ぜてテンポよくパスが出せる選手になろう!

 

まとめ

今回は、パスを出してすぐに動き出す連動性を習得できるトレーニングを紹介しました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • パスを出したら動き出す(止まらない)
  • 味方との連携
  • ワンタッチパスの技術向上

そのためには、

  1. パスを出したら終わりではなく、つぎのプレーを続けて行う
  2. 味方の状況を把握し適した動きをする
  3. ボールの当て方、足の被せ方で強弱をうまくコントロールする

これらを意識することで、味方との連携能力が高まり、パスを出した後止まらない選手に成長できるでしょう。

「パスを出したら動き直す癖をつけたい」という選手は、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました