【FW必見!】オフサイドにならずにDFライン裏へ抜け出すオフザボールの動き

【FW必見!】オフサイドにならずにDFライン裏へ抜け出すオフザボールの動き 技術・戦術

FWがDFライン裏へ抜け出し、そこに良いボールが出てくれば、決定的なチャンスへ繋がります。

そのためには、パサーの技術はもちろん、FWのオフサイドにならない正確なオフザボールの動きも重要です。

裏へ抜け出すプレー1つでもさまざまな動き方があり、その場の状況に合わせて使い分けられると、DFからしても捕まえ方が難しくなるでしょう。

ここでは、オフサイドにならずにDFライン裏へ抜け出すオフザボールの動きを4つ紹介します。

 

ウェーブの動き

ウェーブの動き

1つ目は、ウェーブの動きです。

ウェーブの動きとは、1度膨らんでからボールを受ける動きのことで、FWの基本的なオフザボールともいえます。

ウェーブの動きは直線的な動きと比べてオフサイドにかかりづらく、パスの出し手との呼吸も合わせやすいです。

さらに、膨らむことでパスコースを自ら生み出せる効果もあり、スペースもできるのでプレーエリアも確保できます。

シンプルな動きながら、FWの選手は必ず習得するべきオフザボールの動きですね。

 

ダイアゴナルの動き

ダイアゴナルの動き

2つ目は、ダイアゴナルの動きです。

ダイアゴナルの動きとは、斜めに走る動きのことで、中央からサイド、サイドから中央へ動き出します

斜めに動くことでマーカーから離れることができ、なおかつ直線的な動きよりもオフサイドになりづらいです。

CFがサイドへ流れるように動くと、DFはCBとSBのどちらか対応すれば良いのか、一瞬の判断が求められます。

もし対応に遅れが出た場合、DFライン裏で良い形でボールを受けられ、決定的なチャンスにも繋がりやすいです。

 

DFラインに沿った動き

3つ目は、DFラインに沿った動きです。

DFラインに沿って走り、パスの出し手に合わせて裏へ抜け出すことで、オフサイドラインぎりぎりで抜け出せます。

このオフザボールはダイアゴナルの動きよりもさらに角度をつけた動き方で、常にオフサイドラインを確認しながら動くことが可能です。

さらに、パスの出し手のタイミングも目で確認しやすく、オフサイドにかからずによりタイミングを合わせやすいオフザボールといえるでしょう。

 

オフサイドポジションからの動き

オフサイドポジションからの動き

4つ目は、オフサイドポジションから動き出すオフザボールです。

オフサイドポジションからの動きは直接的にプレーに絡むのではなく、さらに次のプレーを予測した動き方になります。

例えば、MFの選手が前を向いてボールを受けたとき、あえてオフサイドポジションから戻らないで待ちます。

そこで、MFの選手がサイドの裏へボールを出したとしましょう。

すると、DFラインは対応するために全体が下がります

このDFラインが下がったことでオフサイドポジションだった位置がオフサイドポジションではなくなり、次のプレーで決定的なチャンスを作り出せるのです。

DFからすればオフサイドポジションからいきなり出てくるので、対応が非常に難しいでしょう。

FWは1つの動きだしだけでなく、複数のパターンを持ち合わせておくと相手に脅威を与えられます!

タイトルとURLをコピーしました