【小学生必見!】転がってきたボールを全部交わしてキープ力を向上させよう!

【小学生必見!】転がっていたボールを全部交わしてキープ力を向上させよう! トレーニング

今回は、転がってきたボールを全部交わしてキープ力を高めるトレーニングを紹介します。

こちらのトレーニングでは、

  • 常に足元でボールをコントロールする技術
  • 顔を上げてドリブルする技術
  • 瞬時に判断して自在にボールを扱う能力

これらの技術・能力向上を目的としたメニューです。

「足元からボールが離れないドリブルがしたい」「ボールを取られない選手になりたい」という選手におすすめです!

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • ドリブルする選手とボールを蹴る選手に分かれる。
  • ドリブルする選手はボールを1つ用意。
  • ボールを蹴る選手は複数個のボールを用意。
  • ボールを蹴る選手はドリブルする選手のボールに当てるように、ランダムにボールを蹴る。
  • ドリブルする選手は蹴られたボールに当たらないように、交わしながら前進していく。
  • ドリブルのスピードはゆっくり、蹴るボールの速さはレベルに合わせて変える。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • 足元からボールを離さない
  • なるべく顔を上げながらドリブルする
  • どこにボールが蹴られるのかを予測・把握してつぎのプレーを瞬時に判断する

 

足元からボールを離さない

まず、このトレーニングで意識してほしいことが、ドリブル中に足元からボールを離さないことです。

ドリブル技術やキープ力を高めるためには、どんな状況でもボールを扱える位置にボールがなくてはいけません

 

例えば、相手が1人プレッシャーをかけてきたときに、ボールが足元にあれば瞬時に対応できます

しかし、足元にボールがなくて離れていた場合、相手が足を出してきたときにすぐ対応できません

とくに小学生年代の選手は足元からボールが離れやすいので、このトレーニングではスピードよりも足元にボールを置くことを意識して行いましょう。

 

関連記事:【2歩1触ドリブル】メッシのように細かくキレのあるドリブルを習得しよう!

なるべく顔を上げながらドリブルする

このトレーニングで1番重要なポイントが、顔を上げながらドリブルすることです。

なぜドリブルしながら顔を上げるのか、今回のトレーニングでは前からボールが転がってきます。

顔を上げずボールばかり見てドリブルしていると、どこにボールが転がってきているのか把握できません

もしボールが相手だった場合、簡単にボールを奪われてしまいます。

 

  • 足元からボールを離さない(どこから相手がいても瞬時に対応できる)
  • 顔を上げてドリブルする(相手や味方がどこにいるのか、どこにスペースがあるのかを確認できる)

まず、小学生年代では上記2つの能力向上を意識してください。

最初は顔を上げてドリブルするのは難しいため、

  • ボールを蹴る選手が「蹴るよ!」と言ったときに顔を上げてボール確認
  • 顔を下げてボールを避ける

このように、タイミングを合わせて顔を上げるところから始めても良いです!

 

関連記事:狭いスペースでもボールを失わずにドリブルできる技術を向上させよう!

どこにボールが蹴られるのかを予測・把握して次のプレーを瞬時に判断する

足元でボールをコントロールし、顔を上げながら

  • つぎどんなプレーが起こるのか
  • この場面でどんなプレーをするべきなのか

これらを瞬時に判断できるようにしましょう。

 

このトレーニングであれば、顔を上げることで

  • ボールを蹴る選手がどの位置にいるのか
  • どのタイミングでどこにボールを蹴ってきそうなのか

をあらかじめ予測できます。

 

さらに、足元にボールがあり顔が上がっていれば、ボールが蹴られた瞬間に転がってくるスピードや位置を把握でき、素早く交わせます

『予測→把握→判断』この一連の流れをどれだけ早く正確にできるかが重要です。

 

関連記事:瞬時に的確な判断ができる選手へ成長できるトレーニング方法をご紹介!

まとめ

今回は、転がってきたボールを全部交わしてキープ力を高めるトレーニングについて紹介しました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • 常に足元でボールをコントロールする技術
  • 顔を上げてドリブルする技術
  • 瞬時に判断して自在にボールを扱う能力

そのためには、

  • 足元からボールを離さない
  • なるべく顔を上げながらドリブルする
  • どこにボールが蹴られるのかを予測・把握してつぎのプレーを瞬時に判断する

上記3つのことを意識してください。

タイトルとURLをコピーしました