DFのステップワークを習得して相手からボールを奪える選手になろう!

DFのステップワークを習得して相手からボールを奪える選手になろう! トレーニング

今回は、DFのステップワークを習得して相手からボールを奪うトレーニングを紹介します。

こちらのトレーニングでは、

  • DFの基本であるステップワーク
  • 相手の動きを予測する
  • 奪えるタイミングを見逃さない

これらの技術・能力向上を目的としたメニューです。

「ディフェンスが上手くなりたい」「相手からボールを奪える選手になりたい」という選手におすすめです!

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説します。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • マーカーを2m間隔で空けて縦に置いていく
  • その隣に1つずらして同じように縦に置く
  • ディフェンス1人、ボールを持ったオフェンス1人がスタート位置に立つ
  • マーカーに沿って斜めにドリブルしていき、ディフェンスはドリブルについていくようにステップ
  • 切り返すタイミングはオフェンスの自由
  • ディフェンスは必ずついていき、隙をみてボールを奪う

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • ステップワークをスムーズに
  • ドリブルする選手の動きを予測しながら動く
  • 相手の足元から離れた瞬間、もしくは切り返すタイミングに合わせてカットする

 

ステップワークをスムーズに

まずは相手に抜かれないように、スムーズなステップワークができるようになりましょう。

右斜め後ろへ向かってステップするときは、左足を前、右足を後ろに構え、半身の状態になります。

スライド(サイドステップ)するときは、両足の位置をなるべく近づけないように細かいステップを意識して、あまり両足の幅を変えずに動くようにしてください。

両足を近づけてステップしてしまうと、それだけ1歩が大きくなってしまい、動きが遅くなってしまいます。

 

ドリブルする選手の動きを予測しながら動く

ディフェンスのときに重要なことが、相手の動きを予測することです。

このとき、決して足先だけで相手の動きを判断してはいけません

足先だけ見ていると、テクニックのある選手であればフェイントに騙されやすく、簡単に抜かれてしまいます。

相手の足先だけの動きだけでなく、体全体の動きを把握し、目線や体の向き、周囲の状況も把握してください。

今回のトレーニングでは1対1なので、より相手に集中してどのタイミングで切り返すのかを体全体の動きを見て判断しましょう。

 

相手の足元から離れた瞬間、もしくは切り返すタイミングに合わせてカットする

1番ボールを奪いやすいタイミングが、相手からボールが離れた瞬間です。

ドリブルするときはずっと足にボールがくっついているわけではありません。

たとえ僅かでも、必ずボールが足元から離れる瞬間があります。

そのタイミングを見逃さずにボールをカットすることで、奪える確率も高くなるでしょう。

 

また、今回のトレーニングは切り返しに合わせてステップしていくので、切り返しのタイミングを見計らいカットするのも良いです。

このとき重要なのが、必ず相手に近い足でボールを突くこと。

そして、重心を完全に前に傾けないことです。

もし足を出して交わされてしまった場合、相手から遠い足を出していたり重心が前にかかっていると、つぎの対応に遅れてしまいます。

リスク管理を徹底することもDFとして必要な能力です。

 

まとめ

今回は、DFのステップワークを習得して相手からボールを奪うトレーニングについてまとめました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • DFの基本であるステップワーク
  • 相手の動きを予測する
  • 奪えるタイミングを見逃さない

そのためには、

  • ステップワークをスムーズに
  • ドリブルする選手の動きを予測しながら動く
  • 相手の足元から離れた瞬間、もしくは切り返すタイミングに合わせてカットする

これらを意識することでボールを奪える選手に成長できます。

ぜひ、参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました