子供の好き嫌いを無くす方法5選を詳しく解説!

試合前の食事メニューで意識するべきこと 栄養

子供が成長するためには、日頃の食事面でどれだけバランスの良い栄養を摂取でいるかが重要です。

しかし、子供は好き嫌いが多いものですし、どうすればしっかり食べてくれるのか悩みますよね。

子供の好き嫌いをなるべく無くしていきたいとき、どんなことをすれば良いのでしょうか。

そこで、子供の好き嫌いを無くす方法5選を詳しく紹介します。

 

子供の好き嫌いを無くす方法とは?

子供の好き嫌いを無くす方法とは?

好き嫌いを無くすためには、まず好き嫌いを解明する必要があります。

何故嫌いなのかを、子供の様子から探ってみましょう。

もしかしたらにおい食感が苦手なのかもしれません。

子供が好き嫌いをする理由が分かると、それに対処する方法も見えてきます。

 

具体的に、子供の好き嫌いを無くす方法は以下の5つです。

  1. 食事以外で食材に触れる機会を作る
  2. ちょっとした調理の工夫をする
  3. 嫌いなものを無理に食べさせない
  4. 少しでも食べられるようになったら褒める
  5. 食事の時間を楽しい時間に

それぞれ具体的に解説します。

 

①食事以外で食材に触れる機会を作る

①食事以外で食材に触れる機会を作る

まず、庭やベランダで野菜を育ててみるのはどうでしょう。

トマトピーマンなどは、プランターで気軽に育てることが可能です。

野菜がどんな風に育つのかを知り、収穫をするのは子供にとっては新鮮な体験になります。

自分で収穫した野菜は、ひと味違うと感じるものです。

 

また、「今日のお味噌汁の具は何がいいかな?」と、子供と一緒に冷蔵庫の中から食材を選んでみましょう

自分で選んだもので母親が料理を作ってくれたら、子供も食べてみようかなといった気持ちになるかもしれません。

 

②ちょっとした調理の工夫をする

②ちょっとした調理の工夫をする

子供はもともと、「苦味」「酸味」が苦手です。

しかし、何回も食べて経験を積めば食べられるようになる可能性もあります。

少しでも食べやすいように、苦味や酸味などを感じにくい調理をしてあげることが大切です。

 

ピーマンはレンジで加熱もしくは油で揚げることで、ただ炒めるよりも苦味が少なく食べやすくなります。

トマトは加熱することで、旨味や甘味がアップします。

生で食べられない場合は、トマトソースやスープなど、火を通す調理法も試してみると良いでしょう。

 

同じ食材でも、ちょっとした切り方一つで、子供は食べたり食べなかったりすることがあります。

どのようにすれば子供が食べるのか、いろいろ工夫して試してみましょう。

 

③嫌いなものを無理に食べさせない

③嫌いなものを無理に食べさせない

「好き嫌いは良くない」といって、嫌いなものや食べられないものを無理に食べさせようとすると、食べること自体が嫌いになってしまうかもしれません。

大人でも好き嫌いが克服できないという人は多いです。

まずは、その食べ物が嫌いであるということを受け止めてあげることが大切になります。

成長とともに食べ物の好みが変わり、食べられるようになるということも多いです。

『子供なら好き嫌いはあって当然』と、保護者の方もゆったり構えましょう。

 

④少しでも食べられるようになったら褒める

④少しでも食べられるようになったら褒める

嫌いなものについては、大人でも無理だと感じることもあります。

子供たちにとっても、嫌いなものを食べることは本当に大変なことです。

  • 嫌いなものを無理に食べさせず、好きなものをいっぱい食べられたら褒めてあげる
  • 嫌いなものを食べようと頑張ったら褒めてあげる

子供は親から褒められると、どんなことでも嬉しいものです。

褒めてあげることでその食べ物に良い印象を持つようになり、また食べてくれるようになるかもしれません。

大事なことは、すぐ食べられるようになることよりも、時間をかけても良いので子供のペースに合わせることが大切です。

 

⑤食事の時間を楽しい時間に

⑤食事の時間を楽しい時間に

食事の時間は、家族でリラックスして楽しく笑顔で食べることが大切です。

  • 栄養バランスのとれた食事を用意しつつ、無理強いしないで美味しく食べられる食事を用意する。

みんなで楽しく食べる雰囲気を作っていくこと、それが親の役割であり、

「食事は楽しい」「美味しい」

と子供たちも思ってくれることが大切です。

その上で、親兄弟が美味しそうに食べているのを見たら、嫌いだったものでも食べてみようかなって思うこともあるかもしれません。

マナーやしつけよりも、まず先に家族みんなで楽しい食事時間を作っていくのが一番大切ですね。

 

関連記事:サッカーをする子供に必要な栄養素とは?

関連記事:ジュニア世代の成長には栄養が不可欠!サッカー向上のためのメニュー

タイトルとURLをコピーしました