基本的なボールコントロールとボールへのスピードを向上させるトレーニング!

トレーニング

今回は、基本的なボールコントロールとボールへの反応スピードを向上させるトレーニングを紹介します。

こちらのトレーニングは、

  • 正確なボールコントロール技術
  • ボールへの反応スピード
  • 反転〜シュートのスピード・正確さ

これらの技術・能力向上を目的としたメニューです。

「反転からシュートまでのスピードと正確さを高めたい」「ボールへの反応スピードを上げたい」という選手におすすめです!

それでは、トレーニング方法・ポイントについて詳しく解説していきます。

 

トレーニング方法

トレーニング方法

  • ペナルティエリアラインにコーンを1つ置く。
  • コーンの前に1人立ち、その前にボールを手で持った選手が1人立つ。
  • コーンの前に立つ選手はその場でステップを開始。
  • ボールを持つ選手は足元やもも、胸などランダムにボールを投げる。
  • 投げられたボールをワンタッチ、もしくはツータッチで返す。
  • どこかのタイミングで、コーンの左右どちらかにボールを投げる。
  • 投げられた方向へ素早く反転して、すぐにシュート。

 

ポイント

このトレーニングのポイントは、以下3つが挙げられます。

  • その場でステップを行い、どんなボールが来ても素早く対応できる準備を行う
  • 基本的なボールコントロールは正確かつ丁寧に行う
  • ゴール前を意識して、反転してからシュートまでのスピードを上げる

 

その場でステップを行い、どんなボールが来ても素早く対応できる準備を行う

投げられたボールに対して瞬時に反応してプレーするために、常にステップを行いプレーできる準備をしましょう。

試合中でもその場に止まった状態からスタートするのと、少しでもステップして準備を行い動きながらスタートするのとでは、プレースピードが全然違います。

それだけボールがくる前の準備は、サッカーにおいて重要なことです。

今回のトレーニングは決して難しいメニューではありませんが、こうした基本的なトレーニングでもいかに試合を意識して行えるかで、その後の成長も大きく変わってきます。

 

基本的なボールコントロールは正確かつ丁寧に行う

足元やもも、胸などに投げられたボールは、ワンタッチもしくはツータッチで相手に返します。

このときもただトラップしてパスを返すのではなく、どこにコントロールすればつぎのパスが出しやすくなるのか、どこにパスを返せば相手がプレーしやすいのかを考えて行いましょう。

例えば、このトレーニングであれば相手は手でボールを投げるので、なるべく胸あたりにボールを返せばキャッチもしやすく、つぎに投げるのもスムーズに行えます。

このように、どのトレーニングでも常に考えながらプレーすると、技術向上のスピードも上がるでしょう。

 

ゴール前を意識して、反転してからシュートまでのスピードを上げる

ゴール前ではなかなかフリーでシュートを打てることはありません。

その中でシュートを決めるためには、誰よりも早く動いてシュートまで持っていく必要があります。

そのために、まずはボールへの反応スピードを上げることが重要です。

ボールがいつどのタイミングでどこに転がってくるのかを予測・判断することで、反転するスピードも上がっていきます。

 

そして、反転してからスピードを落とすのではなく、そのままのスピードで素早くシュートまでいきましょう。

ゴール前では、少しの迷いがシュートチャンスを無くしてしまいます

試合中を意識して、「誰よりも素早くボールに反応してシュートを決める」というイメージで行ってください。

 

関連記事:【ストライカーになりたい選手必見!】反転からシュートまでのスピードを極めよう!

まとめ

今回は、基本的なボールコントロールと反転〜シュートのスピード・正確さを向上させるトレーニングについてまとめました。

このトレーニングを行うことで、以下3つの技術・能力向上が期待できます。

  • 正確なボールコントロール技術
  • ボールへの反応スピード
  • 反転〜シュートのスピード・正確さ

そのためには、

  • その場でステップを行い、どんなボールが来ても素早く対応できる準備を行う
  • 基本的なボールコントロールは正確かつ丁寧に行う
  • ゴール前を意識して、反転してからシュートまでのスピードを上げる

上記3つのことを意識することで、正確なコントロール技術とボールへの反応スピードが上がります。

ぜひ、参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました